日本語教師

海外で働く日本語教師に必要な語学力は?外国語学習経験は役立つの?

日本語教師を目指す皆さんは、もともと外国語や外国文化に興味がある方が多いのではないでしょうか。

自分の憧れの国で日本語教師として働くことを想像すると、とてもワクワクしますよね!!

自分が既に学んだ外国語を生かすことができたら理想的ですね。しかし、全く知らない言語の勤務地で働くことになるかもしれません。

海外での勤務で気になるのが、必要とされる語学力ですよね。

海外での勤務をスムーズに始めるためにも、日本を出発する前に準備できることがあったら、なるべくしておきたいですね。

「授業は何語でするの?」

「上司や同僚とのコミュニケーションは?」

「生活するために現地の言葉も必要?」

などなど、疑問は尽きないと思います。

そんな皆さんの疑問に、日本語教師経験者がお答えします!

海外で働く日本語教師に必要な語学力は?

日本語教師として働く皆さんは、当然、日本語に関する知識やスキルは身につけていることと思います。

単に、母語話者として日本語が話せるだけでなく、日本語教育学日本語学はもちろん、言語学全般に関する専門的な知識がなければ、日本語教育能力検定試験に合格するのは難しいでしょう。

それに加えて、働く国や機関によっては、外国語能力も求められることがあります。

では、「授業」「職場」「生活」で必要な語学力についてそれぞれ見ていきましょう。

授業で必要な語学力

外国人のための日本語の授業では、二種類の教え方があることをご存知でしょうか?

直接法:日本語だけを使って日本語を教える方法。

間接法:学習者に共通する言語(媒介語)で日本語を教える方法。

日本語教育の現場では、国内の教育機関だけでなく、海外でも直接法で教えるのが主流になっています。

日本語が全く初めてのゼロ初級の学習者にも、直接法で教えることは可能です。

日本で働く英語のネイティブの先生を想像していただければわかりやすいと思いますが、英語で英語を教えてもらえるのが、ネイティブの先生の魅力ですよね。

それは海外で働く日本語教師の場合も同じです。生きた日本語を日本語で教えてくれるネイティブの先生としての存在価値があるわけです。

私が働いていた韓国の国立大学では、韓国人の先生四名が韓国語を使った間接法で日本語の授業をされていて、直接法で日本語を教えていたのは、ネイティブ教師の私だけでした。

日本語教師の募集要項にも「日本に在住していて、韓国語ができない方」という項目があった程です。

韓国に住んでいて韓国語が堪能な日本人よりも、日本から来たばかりの韓国語ができないフレッシュな(笑)日本人にネイティブの先生としての需要があったのです!

なぜなら、日本語しか使わない日本人の先生の授業では、学生たちが頑張って日本語を使おうという意識になるからです。

どんなレベルの学習者にも直接法で日本語を教えるスキルさえあれば、現地の言葉を話せなくても日本語教師になることは可能です。

基本的に、現地の先生が現地の言葉を使って日本語を教えるので、海外で日本語教師が間接法で日本語を教える必要性は低いと言えます。

ただし、英語圏の教育機関では、英語で日本語を教える能力が求められることもありますので、事前に確認しておきましょう。

職場で必要な語学力

では、海外で働く日本語教師が、職場で必要とされる語学力はどうでしょうか?

それは一緒に働く上司や同僚、教える学生の日本語能力に関係します。

私が働いていた韓国の国立大学では、日本語教育科の韓国人の先生方は日本語が堪能でしたし、学生の日本語能力も高かったので、授業も授業外の業務も日本語だけで難なくこなせました。

英語が必要だったのは、教育学部の学部長(日本語教育専門ではない)に挨拶に行く時や、英語教育科の先生方(韓国人や英語ネイティブの先生)と話をする時です。

大学などの組織に属する場合、日本語教育科だけでなく、その他の言語の学科やそれを包括する教育学部と連携して業務を進めていくことがあります。その場合は、韓国人の先生と外国人のネイティブの先生の共通語として、英語が使われていました。

募集要項にTOEICTOEFLなどの英語力が求められていたのも、このような業務のためでしょう。

最近では、大学などの研究機関では、学部間の連携が盛んになってきているので、求人でも英語力が重視され始めています。

生活で必要な語学力

海外で生活する上で必要な語学力について、実体験を基にお伝えしますね。

私は募集要項にあったように、韓国語が全くできない状態で韓国に行きました。

英語が話せれば、なんとかなるだろうと思っていました。

しかし、私が勤務していたのは韓国の地方都市だったので、街の標識やバスの行き先表示などは、全てハングル文字で表記されていました。

文字が読めなければバスにも乗れないので、まずはハングル文字を独学で勉強して、夏休みにソウルの韓国語学校で基礎的な韓国語を学びました。

ソウルや釜山などの大都市では、英語や日本語が話せる人が多いので、不自由を感じることは少ないでしょう。

一方、地方都市では街で英語で質問しても、韓国語で返ってくることがよくありましたし、買い物や外食をする時は、簡単な韓国語が必要でした。

日本語教師が海外で生活するためには、最低限の現地の言葉は学んでおいた方がよいでしょう。

また、現地の言葉ができれば、現地の友達ができる可能性が高いことは言うまでもありませんね。

私は韓国語よりも英語の方が上手く話せたので、友達は英語やフランス語などの外国語のネイティブの先生たちがほとんどでした。

英語ができれば色んな国の友達ができますし、現地語ができれば現地の友達ができます!

外国語学習経験は役立つの?

日本語教師を目指す皆さんは、英語やその他の外国語を学習した経験があるのではないでしょうか?

ここでは、外国語学習経験が海外で教える時に実際に役立ったエピソードをご紹介します!

韓国の国立大学で勤めていた時に、大学で唯一の日本語ネイティブ教師ということで、日本語教育科以外の学生が、政治や経済、文化などについての意見交換のために、話にくることがありました。

その場合は、お互いの共通言語の英語で話をすることになります。

韓国では英語教育熱が高く、どの学部の学生でも必ずと言っていいほど、英語を勉強しています。日本語教育科の学生も然りです。

私はカナダの大学院に留学していた経験があり、英語が流暢に話せるという意外なことで、日本語教育科の学生に尊敬されました。

外国語を学んで習得した経験がある教師は、今まさに外国語を勉強している学生にとって、同士であり、よき理解者になれるのです。

一方、外国語を学んだことがない教師は、学生の目線で考えることができません。

外国語学習経験のない英語のネイティブの先生に質問して、そっけない返事が返ってきたことがあります。

言語について深く考えた経験がないので、学習者の疑問も苦労もわからないんですね。

苦労して外国語を学んだ経験があるからこそ、言語の面でも心理面でも学生に寄り添った最善のサポートができるのです。

授業では全く英語は使いませんでしたが、英語ができるということが語学教師として学生から信頼を得ることに繋がったのです。これは授業を進める上で、大きな利点となりました。

学生との信頼関係は、授業を進める上で非常に重要です。

学生が真剣に話を聞いてくれるのも、積極的に授業中の活動に参加してくれるのも、教師への信頼があってこそです。

学生が気軽に質問できるのも、教師が快く明確な答えを教えてくれるからです。

このように学生が高いモチベーションで学べる環境作りに、思いもよらないところで「英語力」が役立ちました。

外国語学習経験は、日本語教師に限らず全ての語学教師にとって、教える際の糧となることは間違いないでしょう。

まとめ

海外で働く日本語教師に必要な語学力について、「授業」「職場」「生活」の三つの側面から実体験を基に考察しました。

海外で働く日本語教師に必要な語学力

授業:日本語だけの直接法で教えるのが主流、英語圏では英語での授業が求められることも

職場:日本語教育科の中では日本語だけでOK、その他の学科や部署と連携する時は英語も必要

生活:特に地方では最低限の現地の言葉は必要、現地語ができれば現地の友達が、英語ができれば色んな国の友達ができる

また、外国語学習経験が実際に役立ったエピソードもご紹介しました。

外国語を習得した経験がある人こそが、学生の良きモデルとして、真の意味での語学教師になれるのかもしれませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。